読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きしこの研究

日々の勉強をアウトプットする用だよ。

アプリ研究① ~SNS編~

 

アプリ研究第一弾目 「シンクル」

 

www.syncle.me

 

app storeソーシャルネットワーキング部門で探っていると見つけました。

ダウンロード前に、レビューを見ていると、

 

・温かいコメント・温かい気持ち

・癒し

・好きなもの同士のコミュニティ

 

というワードが目に入ってきました。

 

ユーザーが「温かい」と感じるポイントは何なのかに注目して早速ダウンロードして見ました!

 

サービス説明

キャッチコピー:

好きで話せる、好きが広がる偏愛コミュニティ「シンクル」

 

 

f:id:kisico0418:20161025201014p:plain

 

f:id:kisico0418:20161025201019p:plain

f:id:kisico0418:20161025201023p:plain

(webサイトのスクリーンショット

 

名前の由来はシンクロするプロフィールという意味があるみたいです。

 つまり、好きなモノコト・趣味をネットの匿名機能を活用し、同じ「偏愛」仲間を見つめるアプリというもの。mixiのサービスと似ている部分があるのでどこで差別化しているのか気になるところ。

 

 

 

 01.同じ「偏愛」仲間を見つける楽しさ

 

f:id:kisico0418:20161025203718j:plain

 

◉シンクロについて

タグ検索以外にも、「おすすめ」「注目トピ」は欠かせない検索要素の一つですが、

このアプリでは、「シンクロ」項目があります。

同じコミュニティをお気に入りした人や検索の動向?からピックアップされているのだと思います。

同じ趣味を持つ人の他の趣味や好きなコトを見えるのでとても面白いです。

例えば、デザイン関係の同じコミュニティをお気に入りしていたら、ロゴやイラストなど、他にも同じ興味を持つコンテンツの発見につながるので、より「シンクロ度」が高くなり「わーこの人とめっちゃ趣味一緒やん!」「わかるわかる!」ってなるのだと思います。検索機能よりも面白みがあるなぁと。

 

f:id:kisico0418:20161025204439j:plain

 

ユーザーをタップすると、その人の♡一覧が見えます。

そのとき、このユーザーとのシンクロ率や、共通のトピックには目印がつきます。

シンクロ率が高いユーザー見つけると、普通にテンション上がるかも。w

f:id:kisico0418:20161025223725j:plain

 

 

02.「すき」表現 が可愛い

 ・色

ピンクとグレースケールのシンプルなデザインで統一されています。
私自身、ピンク=好き・お気に入り というイメージです。
カップル向けや女性向けでもピンクは使われがちですね。

 

・モーション

このアプリでは、お気に入りをするときにハートマークをタップします。ハートを押すと、指先からハートが画面全体に飛び散るので可愛いし押したくなる。そう、「押した感」がある。

 

・アイコンが平和(とってもゆるいイラスト)

最近のSNSは匿名といえど、プロフィール写真は自由で顔写真をアイコンにする方が多いとおもいます。しかし、こちらのアプリは写真を選ぶことはできません!

 最初は、決まったテンプレで面白くないやんけ〜と思ったのですが、チャット画面で意味が分かりました!すごく可愛い。ゆるい会話が癒される///

ここに、自撮りの写真でもいいのですが、相手がわからないドキドキさがいい。

しかもユーザー名は絶対に4文字じゃないと登録できません。

平等さがいいのでしょうか。

f:id:kisico0418:20161025210734j:plain

 

 

03.言葉のチョイス

 アプリ紹介にもある「偏愛」というワードがとても具体的で、ただ単に好きなもの同士のコミュニティというよりは、もう一歩先の「本当に好き同士」と言った印象で、「偏愛」という言葉をつけたのは非常に分かりやすいです。

 

また、実際に自分でもトピックを作ってみると、すでに一部文字が打ってあるんです!

f:id:kisico0418:20161025212300j:plain

 

 他にもありましたw

f:id:kisico0418:20161025211409j:plain

 

 同じようなトピックのタイトルだなぁと思っていたらこういうことだったのです。投稿しやすいポイントの一つだと思います。

「好き」にもたくさん種類があるということを思い知りました。w

 

 

0.4温かさは何なのか。 

さて、冒頭で書いた「温かさ」はどこから感じられるのか。

自分なりの解釈で書いて見ました。(上記の内容とかぶるところあります)

 

①匿名性

30種類ほどのゆるいアイコンで限られた4文字の名前なんて適当に選ぶしかありません。wこのゆるさが「ほっこり」させてくれます。

 

②理解し難い・言語化しづらい・気づかなかった「好き」が一緒の人に出会えた時の感動

コアな趣味や愛を見つけた時の仲間意識というか「やっと見つけた!」感は感動に近いと思います。だからこそ、ユーザーそれぞれが肯定しかないので争いがないのだと思います。ユーザー自身が「温かい」コミュニティ空間を作っているのだと思います。

「知ったかするんじゃねぇ」なんて言葉が出てきてもおかしくないのですが、やはり①のゆるいアイコンに言われても攻撃性はありませんもんね。。。

 

 

05.感想

トピックをずらっと見るだけで、コアな投稿が多く、

よく考えれば私もすきだ…!!と発見が多くだらっと見るだけでもとても楽しいアプリです。(電車の隅っこの席が好き。とかw)

 

「好き」という言葉をもっと紐解くと100通りの「好き」があることに気づき、

そこに共感できる楽しさがあるサービスだなと使用して見て感じました。

ユーザーがどんどん面白いものに育てている楽しさがあって、サービス開発者が思いもしなかった使い方をユーザーはどんどん発見して行くので、ハマる人はハマりそうです。なんでもかんでも手助けするのではなく、ユーザーに手渡している余白の部分?がうまくできているアプリだなと思いました。特にシンクロ機能はお気に入りです。

 

他のレビューもリンクしておきます。

matome.naver.jp

 

kewpiedesign.hatenablog.com