読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きしこの研究

日々の勉強をアウトプットする用だよ。

アプリ研究② ~ログイン編~

アプリ研究

今回は、アプリの【ログイン画面】についてです!

 

【なぜログイン画面にフォーカスを当てたか】

突然ですが、私はアプリをダウンロードしていざ使うぞ!と立ち上げた時に行うユーザー登録の作業が嫌いです(ドヤッ)

早くサービスを使いたいのに面倒臭いというか、萎えるというか、、、、

メールアドレスは入力すると長いし、登録してメルマガくるとだるいし…

また、SNS連携となると個人情報がどこまで利用されるのか気になってそわそわします。

下手にTwitter連携して、勝手に呟かれないか不安だし、「お友達もこのアプリを使っています。友達登録しませんか?」と表示され「こいつもこのアプリ使ってるやんけ」と知り合いに思われるのが恥ずかしくて…

(自意識の塊すぎる…?)

 

…しかし、それでも前に進むため(そのアプリを使うため)登録はしないといけません。その時、思ったのが「ユーザーに安心させるor抵抗をなくす」ポイントは何なのか。どうしたら気持ちよく登録作業を行えるか実際に体験してみよう!と思い、いくつかアプリをダウンロードしてみました。

 

 ・・・とその前に、

当初、ダウンロードするアプリの縛りを無しにしていたのですが、

思ったよりユーザー登録をするアプリが見当たりませんでした。(あれ?)

しかし、グルメ系アプリはほぼほぼユーザー登録が必要ということに気づいたので

今回はグルメ系アプリのログイン画面を軸に比較してみました。

 

 

今回ダウンロードしたのは、以下の5つのアプリ。

f:id:kisico0418:20161028045717p:plain

 

 

 

 ①<ミシュランガイド公式> CLUB MICHELIN - クラブミシュラン

f:id:kisico0418:20161028050443j:plain

SNS連携はなく、メールとアドレスとパスワードのみという必要最低限の情報のみでログインすることができます。会員登録がまだの方はこちらを押すと登録なしでTOPページに進むことができます。登録しなくても見えるので、ラッキーと思ったのですが!!いざ、サービスを利用しようとすると、

 

webサイトで登録が必要でした・・・。全てのボタンを押しても「登録してください」というポップアップが登場してほぼ使えません。

登録はこちらというURLは無く、自力でサイトに行かなければいけません。(しかもいざ登録しようと思ったら有料)

 

面倒くさがりの私は、

①アプリ上でユーザー登録させてくれ

②できないなら、せめてwebサイトのURLを記入してよ〜

③ぐるナビと提携しているなら、ぐるナビの登録者用の案内あってもいいじゃないの!

④ってか有料なら先に言って!!!

 

と、文句ダラダラだったのですが、よく考えると「ミシュラン」ってそもそも使うユーザーが私のような一般平民じゃ無くないか?ということに気づきました。(遅い)

 

ミシュランガイドはこれまでにどこよりも信頼のあるレストランのセレクションを築いてきました。

「ミシュランガイド・デジタル」を「Club MICHELIN」に一新! - ニュース記事一覧

この文章を読んで納得。世界的にも信頼されているミシュランのブランド力をきちんと保つためにも、お金を払って利用しているユーザーに信頼かつ利用価値があるものじゃないといけません。

だからこそ、誰でもがすぐに登録してサービスが利用できるのでは無く、ターゲットユーザーが一手間かけてでも登録してもらえるようにあのような手順を踏んでいるのではないか、と考察しました。確かに、誰でも簡単に登録できたら他のグルメサイトと変わりません。

じゃぁ、ログインしなくても、TOPページに行けたのは何だったのか。

それをみて気になった人が「登録してみよう」という気にさせるための「チラ見せ作戦」なのでは無いでしょうか。

でも、まさか登録していない状態だと全く機能が使えないなんて思ってもみなかったのでびっくりしましたw

 

食べログRettySnap Dishミイル

こちらの4つは比較した方がわかりやすいのでサクッと書きます。

 

食べログ           ②Retty

f:id:kisico0418:20161028054117j:plain f:id:kisico0418:20161028054857j:plain

 

③Snap Dish                  ④ミイル

f:id:kisico0418:20161028055038j:plain f:id:kisico0418:20161028055117j:plain

 

①と②はお店を探すもので

③と④はレシピ公開

というように分類できます。

 

気づいたこと①|Facebookゴリ押し

特に①②は、一番上に記載されているのに加え他のアプリよりも

大きく配置されています。

(②に関しては、その他の方法を押してもなおfacebookは登場しますw)

やはり、Facebookが一番メリットが多いのでしょうか。

①の画面にも書いてあるように、①②は特にお店の情報の共有・口コミをメインにしている部分があるので、Facebookと連携していると友人のおすすめのお店が分かるので信憑性があります。

③と④はデザイン的にも若い女性というよりは主婦をターゲットにしている印象があります。TwitterよりもFacebookの方が利用率が高い&確実に人に見てもらえるという部分が大きいからでしょうか。

Facebook強い…。

(グルメ以外でもよく見るとfacebookで連携を押しているアプリ多め。)

 

気づいたこと②|安心する言葉

①と②は、やはりSNSと密接につながる部分が大きいためか、

「あなたの許可なくSNS投稿することはありません。」と記入されています。

この一言があるだけで、どれだけ安心できるか。。。

また、③の画面では「ようこそ!」という言葉が使われています。

ちょっと一言で、そのアプリに対する信頼感が生まれます。

 

 

気づいたこと③|メインビジュアルの意味の違い

①と②と④は料理のメインビジュアルですが、(①はぼやけているけど、お料理が並んでいる様子は伝わります)

③は、このアプリを使うシーンをイラストにしており、また使い方のチュートリアルをログイン画面の状態で見えるようにしています。

登録画面に美味しそう&楽しそうと感じさせるビジュアルがバァァンと表示されると確かにワクワクします。(ショッピング系のアプリは、「マジで必要情報記入して。」感がすごくてウッと感じる。)

 

 

 

 

 

おまけ:グルメ系のアプリ以外のアプリでもログイン画面も見てみた。

 

 ①ドコノコ

こちらは、ペットの写真を投稿し共有できるアプリです。

登録する前に、こちらにチェックを入れなければ利用することができません。

利用規約ももちろんあるのですが、難しい言葉ではなくペット好きにとって愛のある言葉で書かれています。イラストも可愛い。

 

f:id:kisico0418:20161031031954g:plain

 

②DesignHunt

海外のアプリなのですが、ログインというと上記でもあるように

長方形の中にログイン文字があるイメージがあります。

が、ビジュアルだけでもわかりやすく、かつ人と繋がることを

シンプルに表しているデザインだなと思いました。

丸いツイッターボタンが馴染んでいてとても可愛いですw(初めて見た気がする)

 f:id:kisico0418:20161031031941j:plain

 

まとめ

ログイン画面を細かく見たことがなかったので、一つ一つ紐解いて見ると

いろんな発見があって面白かったです。

ログイン=SNS連携・メールアドレス登録・ユーザー名の記入というイメージが強いですが(まぁ実際ほとんどがそう)細かな部分に目を向けるとそのアプリの特徴だったり、言葉の雰囲気がそれぞれに違いが出ていて面白かったです。

ログイン画面に、情報記入以外にも要素がたくさんあったので、グルメ系以外でももっとたくさんのアプリを見比べたいです。 

 

 

次は、チュートリアル画面について分析します。

今回の反省点として、それぞれのアプリの比較をうまく文章にすることが難しく、

ビジュアルをもっと用いてもっと細かく発見点を記入できるようにしたいです。

ダウンロードする前に、ある程度軸を持って注目しないとたくさんダウンロードしていると惑わされるので注意。

(もっと深い考察ができるようになりたい…‼︎)